コアスリマー 授乳

コアスリマーHMBは授乳中・産後や妊娠中に飲んでもいいの?副作用の危険性と安全性を調査

コアスリマー

 

 

飲み続けるだけで理想的なボディメイクを実現出来る事で話題の『コアスリマー

 

TVでも紹介され、多くの女性が憧れの体型を作り出しています。

 

 

そんなコアスリマーですが…

 

 

授乳中って飲んでもいいの?赤ちゃんへの副作用が心配…


 

 

産後の体型維持に使いたいんだけど、安全性はどう?


 

 

こういった悩みがあるかと思います。

 

 

特に産後はすぐに体型を戻さないとズルズル行ってしまい、元のボディラインにするのが難しくなりますから、こういったサプリを併用して美しい体を維持したいところですよね。

 

でも、1人の体ではありませんから、しっかり安全性を確認出来てから飲みたいところ。

 

 

そこでこの記事では、コアスリマーを授乳中や産後に飲んでもママやお子さんに副作用や悪影響がないか調べた結果をお伝えします。

 

安全に産後ダイエット出来るよう、必ず最後までご覧下さい。

 

 

 

 

コアスリマーは授乳中でもOK!

 

赤ちゃんとお母さん

 

 

結論から言いますと、コアスリマーは授乳中や妊娠中でも問題なく摂取することが出来るようです。

 

公式サイトではこのように記述があります。↓

 

お薬ではなく、栄養機能食品ですので基本的には問題ございません。

妊娠中・授乳中に摂取した方がよい栄養素を含有しておりますので、栄養補給を目的として継続的なご飲用をお勧めしております。

 

但し、ファスティング(過度なダイエット)目的でのご飲用はお控え頂いております。
栄養バランスの整った3食の食事を摂ったうえでご飲用ください。
また、ご心配の場合は、かかりつけのお医者様や薬剤師様までご相談のうえ、ご使用ください。

 

 

コアスリマーは薬ではなく、普段私たちに足りない栄養素を補う目的で製造されたものですので、ビタミン剤のようなイメージなんですね。

 

薬の飲み合わせも基本的には大丈夫そうです。

 

正しい服用の範疇であれば重大な問題はありませんし、そういった報告も一件も確認されていないようです。

 

 

万が一ですが、アレルギーをお持ちの方には成分が反応してしまう可能性があります。(これは授乳中に限らずです)

 

もしも心配な方は成分をチェックしておきましょう↓

 

HMBカルシウム、クレアチンモノハイドレート、穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、タカキビ、紫黒米、米粉)、コエンザイムQ10、αリポ酸、L-カルニチンフマル酸塩、L-オルニチン塩酸塩、大豆抽出物(イソフラボン含有)、アフリカマンゴノキエキス、チャ抽出物、黒胡椒抽出物、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、イナゴマメ抽出物、デキストリン、乳酸菌(殺菌)、エラスチン(魚由来)、豚胎盤抽出物、チキンエキス、ブラックジンジャー抽出物/セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、香料、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸Mg、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンD、L-アルギニン、L-グルタミン、葉酸、酵素処理ルチン、ビタミンC、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-トリプトファン、L-ヒスチジン、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、シクロデキストリン、クエン酸、ビタミンA、ビタミンB12

 

 

 

産後の肌荒れにも!

 

コアスリマーの美容成分

 

 

また、コアスリマーは産後に起きやすい肌荒れにも美容成分が効果的です。

 

女性に嬉しいプラセンタやコラーゲン、イソフラボンなど、女性らしい美肌を保つための成分もギュッと詰まっていて、ダイエット中でありながら艶肌を実現してくれるのです。

 

 

●産後に急に肌が荒れた

 

●以前より敏感肌になった

 

そんなお肌の悩みにも同時にアプローチ出来ますので、一石二鳥ですね^^

 

 

 

 

 

 

過度なダイエットや飲みすぎには注意

 

 

ただし、アナウンスにもあるように、断食などの過度な原料や1日の摂取量を超えた場合には副作用の可能性があります。

 

これはコアスリマーがどうとかいった話でありません。

 

 

コアスリマーの場合、飲みすぎると整腸作用のある麹酵素によって下痢を引き起こしたり、1日のHMB摂取量目安である2000mgを越えてしまいます。

 

必ず1日4~8粒を目安に飲むようにしましょう。

 

 

 

 

コアスリマーを授乳中に飲む際の正しい飲み方

 

 

コアスリマーの基本的な飲み方は授乳中あれ変わりません。

 

 

コアスリマーのHMB量は…

 

4粒:1,000mg

 

8粒:2,000mg

 

大幅なダイエットを目指している方なら8粒推奨ですが、不安を感じるのであれば半分の4粒から始めてみても良いでしょう。

 

 

また、1度に飲まずに、

 

●運動の1時間前

 

●食事の30分前

 

 

こういったタイミングを目安に飲むことで、成分の効果を引き出すことが出来ます。

 

例えば、6粒なら朝食前に3粒、お出かけ前に3粒といった具合ですね。

 

目安としては、1・動く前か2・食べる前にすると良いでしょう。

 

 

 

 

産後ダイエットにコアスリマーを取り入れている人の口コミ

 

 

痩せてきました Y・Nさん(31歳)

 

食づわりが酷く、出産後に体重が増えすぎてしまいました。
お腹もたるんだままなのでなんとかしたいと思い、コアスリマーを購入。

 

毎日、チビちゃんが起きるであろう時間帯に合わせて朝とお昼過ぎに飲んで→抱っこ、買い物といった具合になるべく体を動かすようにしました。

 

すると、その甲斐あってか体型が元に戻り始め、体重も3kgほど落ちました!目標にはまだまだ遠いですが、ムリのない範囲で続けられるから良いです

 

授乳期間でも安心して飲めます K・Mさん(29歳)

 

授乳中ということもあり、成分を見たりして慎重に選びました。

 

安心出来るものか、会社は信用出来るかなどを基準に買いましたが、副作用もなく続けられています。
それどころか、心なしか体力もついたような気がします。

 

まだ体型はそれほど変化していませんが、飲みやすくて続けやすいです。

 

 

保田圭さんも産後のサポートとして飲んでいますね。

 

 

 

コアスリマー 授乳

 

 

 

※今だけ!僅か500円でスタート出来る↓